070-1266-1911
受付時間 10:00〜22:00(不定休)
カウンセリング予約
メニュー
CLOSE
無料カウンセリング
限定クーポン配布中
画面トップへ

若き日に薔薇を摘め

婚活コラム画像

「若き日に薔薇を摘め」の解釈

薔薇がきれいな季節になりましたね。

結婚相談所レッツマリーです。

「若き日に薔薇を摘め」はロバート・へリックというイギリスの詩人が書いた詩で「薔薇のつぼみは、摘めるうちに摘みなさい」が本来の訳ということです。

この言葉は瀬戸内寂聴さんが、若い方に贈る言葉としても有名ですが、寂聴さんは「美しい薔薇を摘むと棘で指から血が出ますが、若いうちは舐めておけば治るけど、100歳近い私は化膿してなかなか治らない。

たとえ傷つくことやつらいことがあっても、若い時ならすぐに癒されるので、棘を恐れずに、欲しいと思うものがあったらためらわずに手に入れるようにしなさい。」と言われています。

寂聴さんのこれまでの経験で得られた深い解釈に込められているように傷つくことを恐れず、何でもチャレンジしてみてください。

 

婚活にチャレンジ

チャレンジの一つに婚活を入れてみませんか?

婚活という言葉があるぐらい、婚活は簡単ではありませんがその先で得られる幸せは、まさしく人生薔薇色ですよ。

レッツマリーでは、個性に合わせた婚活戦略を練り、二人三脚で親身なサポートさせていただきます。

入会するしないに関わらず、婚活でのお困りごとから相談に乗らせていただきますので、下記よりお気軽にお問合せください。

無料カウンセリングは、お住まいのエリアは気にせずにお気軽にどうぞ!

https://salon-letsmarry.com/common/contact/

結婚って、本当にいいですよ。